ランニングフォームの前傾を意識!

先週からランニングフォームのチェックをメインにランニングをしています。

 

一応私が普段から意識しているのは前傾姿勢と腕の振りで肘をしっかり引くこと。

ですが、知らず知らずのうちにフォームが崩れてしまうのが人間ですので時折上記のことを特に意識しながら走りこむのです。

 

前傾姿勢ですが、私が気を付けているのは「く」の字型にならないようにすること。

前傾姿勢とは何か?

極端な例でいうと、目の前に壁などがなければ倒れてしまうくらい体が前に傾いている状況です。

 

「く」の字型だと上半身は前に傾いていても腰から下は後ろ向きになっているので結局重心が前に行っていません。
前に倒れこむ推進力を使いたいから前傾姿勢ですので推進力のない「く」の字にはならないようにしっかり腰から下も前に傾いているかを常に意識しています。

 

肘については今年フォームチェックをしたときに引き方が甘かったのですが、最近は特に酷くなっていました。

肘をちゃんと引かないと肩甲骨が使えず、骨盤がスムーズに動かないので脚がスムーズに出ません。

ちゃんと全身を使えないとフルマラソンはしんどいですから(笑)

 

是非とも一度金哲彦さんからフォームの指導を受けたいものです。

 

 

 

某ランニング番組で指導力の高さを日本全国に知らしめている金哲彦さんの書籍。

例えるのが非常にうまく、初心者にもわかりやすく教えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です