SPEEDの島袋寛子さんが婚約!!

SPEEDの島袋寛子さんが舞台俳優の早乙女友貴さんとの婚約を発表したことに驚きました!!
12歳年下の二十歳の男性ということにも驚きましたが・・・。

SPEEDがデビューしたときは私はちょうど中学生。
自分と同じくらいの年頃の女の子たちが歌って踊っている姿にとても同年代の人たちとは思えない衝撃がありました。

考えてみれば島袋さんも芸能界で20年生き抜いているわけですよね!
次から次へと新しい人やブームがやってくる芸能界でそれだけ長くいられること自体凄いなと思います。

未だにこのCDを聴くことがあります。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SPEEDLAND The Premium Best Re Tracks [ SPEED ]
価格:2830円(税込、送料無料) (2016/9/12時点)

 

 

イチオシはやっぱり「White Love」ですかね!!

マラソントレーニング、本格化!!

9月に入ったので、そろそろ10月後半の金沢マラソンに向けてのトレーニングも佳境に入ってきます。
というのも、トレーニングは頑張るのは本番3週間前くらいまでで、その後は軽いジョギングなどで疲労回復をすべき、と言われているからです。

それまでになるべく長い距離を走る練習をしておきたい!
ということで、昨日は日産スタジアムに行ってきました。

kimg1565

中で写真撮るのを忘れてました(笑)

日産スタジアムで長い距離を走る練習会が行われていたためです。
と言っても走るのはスタジアムの回廊です。

 

こちらで主催されていた練習会でした。

こちら➡eaマラソン練習会

 

一応30キロ走と銘打ってますが、途中離脱も、途中抜けて再度列に加わるのも可です。
参加してみた感想として、よかったのが

  • 集団で走るので一人で走るより辛くない。
  • 屋根のついている回廊なので、直射日光を避けて走ることが出来る。

フルマラソンを走る前のトレーニングとして30キロ走は今ではランナーの間では常識です。
私も最初は10、15、20と少しずつキロ数を伸ばしてから30キロ走を本番前に1度やりました。

本番よりも遅いペースで良いので1度やったことで、「疲れたけどこれだけ走れた。あと12キロなら行けそう!」
という自信が私は持てました。

是非練習に取り入れてみてください!!

 

広島東洋カープ ついに優勝!!

広島東洋カープがついに25年ぶりの優勝を決定させました!!
マジック対象チームである読売ジャイアンツのホームである東京ドームで歓喜の胴上げを行いました!!

何よりも感動だったのが、投打のベテラン、黒田博樹投手と、新井貴浩内野手の2人が涙の抱擁、そして胴上げ。

この2人は昔からとても仲が良いそうで、その昔、黒田投手が新井選手のバッグの中にいたずらで消火器を入れたことがあるとか!
しかも新井選手は気が付かずにそのままそのバッグを持って帰ったとか・・・。

やっぱりプロ野球選手のパワーってすごい!!
というエピソードでした(笑)

クライマックスシリーズがどうなるのか注目ですね!

広島東洋カープ 今夜にも優勝決定か?

プロ野球、ペナントレース、いよいよ佳境に迫ってきましたね!!
この後にもクライマックスシリーズが控えておりますが、パ・リーグは十分クライマックスシリーズといってもいいくらいの盛り上がりです!!

一方のセ・リーグは早ければ今夜にも優勝が決まりますね。
そう、25年間待ち望んだ赤ヘル軍団広島東洋カープの優勝が!!

FA制度が始まった20世紀後半から徐々に優勝から遠のき、その後もしばらくの間、FAで選手が他球団へ移籍をし、他球団への戦力供給源となっていました。
阪神タイガースは一時期、カープの選手を獲りすぎて、「広島タイガース」と揶揄されるほどでした。

そんな中でも確かなドラフト戦略、獲得した若手をどのチームよりも良い選手に育て上げ、そして、アメリカに送り出した黒田博樹投手の復帰などもあり今シーズンは大きな連敗をせずにペナントレース首位の座を独走し続けました。
シーズン序盤は「いつものようにこいのぼりの季節までかな?」なんて言っていた方も多いと思います。

しかし、今季は得点、失点、ホームラン、盗塁、打率、防御率とあらゆる面で他球団を圧倒しています。
長年の努力が実ったという感じでしょうか。

カープが優勝することで、「うちはお金がないから勝てない」というのは来季からは「言い訳」になります。
そういった意味ではカープの優勝というのは意味があるのではと思っています。

私はカープファンではありませんが、25年ぶりの歓喜の瞬間を一野球ファンとして見届けたいと思います!!

 

マラソンの補給食は何がおススメ?

私がマラソン大会が近くになると必ずすることがあります。

補給食の確保です!!

ハーフマラソンくらいなら給水所に置いてある飲み物や補給食で足りるのですが、フルマラソンになるとそうはいきません。
速い人でも2時間以上走り続けるため、体中からあらゆる栄養素が出て行ってしまうからです。
エリートランナーは給水所に自分で作ったスペシャルドリンクで不足しがちな栄養を補給するのですが、我々市民ランナーの出る大会にはスペシャルドリンクの置くスペースがないのが現状です。

そこで、手早く栄養補給のできる補給食を携帯して走ります。

ちなみに私が重視するのは

  • 携帯しやすさ

以上です(笑)

基本的にポケットに入れて走りますので、重いと走るのに邪魔になります。
なので、まず私は持ち運びの便利さを重視しています。

そして味ですが、疲れてるときに美味しいと感じるものを口に入れるとそれだけで疲れが取れて頑張れます!!
マラソンはメンタル面も大事ですので、意外と大事です!!

補給するタイミングですが、疲れる前に1つ、疲れてきてから1つ、最後のひと踏ん張りの前に1つと最低3つは欲しいところです。

ちなみに普段より味が美味に感じていたら栄養が体内から抜け出て、疲れが出始めてる証拠です。
そうなる前に1つは口にしましょうね!!

私のおすすめはこちら

 

 

1番の特徴は軽くて持ち運び便利なところです!!
縦長で薄っぺらいので、ポケットに2つ入れても違和感なく走れます。
初めてのフルマラソンの時、25キロ地点で口にした時にいつもよりもリンゴの甘みが美味だったのが懐かしいです。

因みにこちらも持ちやすくて便利です。

 

 

先ほどの物よりも味が濃いかな、という印象が受けます。

補給をしないと足をつったり、30キロ過ぎから体全体が重たくなり

「もう二度とマラソンなんて出ない!!」

となりかねないので、楽しく走るためには欠かさず補給するのがおススメですよ!

フリップベルトを装着してランニングしました!

昨日は10キロのランニングを行いました!

というのも、私は10月に金沢マラソンを控えています。
一応マラソンの自己ベストは4時間を切っているので、今回も4時間切り、いわゆるサブ4を狙っていきます!!

時間的に1時間ほどでしょうか。
素人考えなので間違っている可能性もありますが、ランニングの時にはウェアにまず気を遣います。

自分に合わないものを着てしまうと、擦れてしまって時間が経つにつれて痛くなってしまうのです・・・。

なので、軽くて、擦れなくて、カッコいいもの!!
を重視しています。
もちろん最後のカッコいいもの、というのは軽く流してください(笑)

そして、ランニングの時はこれが必須です!!
KIMG1561

フリップベルトです!!

一言で言うと、小銭やスマホを入れるためのポーチです。
今まではウエスとポーチを使っていたのですが、着けて走ると腰からポーチがズルズル落ちていったり、ゆさゆさ揺れるのが不快でした。

フリップベルトはポーチのように着けるのではなく、足からはいたり、頭からかぶって腰の辺りに着けるとフィットします。

また、正面、左右にポケットが付いているので3か所ものを入れるところがあります。

KIMG1562

KIMG1563

こんな感じでスマホをすっぽり入ります。

ポーチがフィットしないと姿勢が悪くなって最悪42キロ持たないなんてこともありえますので、合わない方は使ってみると良いですよ!!

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

Flip Belt フリップベルト FB0114 ウエストポーチ ネコポス発送
価格:3299円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)

 

日本代表、最終予選の大事な初戦でPKに散る

昨日は仕事を早めに切り上げ、日本代表のワールドカップアジア最終予選対UAE代表戦をテレビで観戦。
初戦の入りはとても大事なので、注目してました!!

アジアカップの因縁の相手UAE相手に大量得点で勝利!!
というのを期待していたのですが、終わってみれば1-2で敗北。
しかも前回と同じく今回もPKに泣かされることに・・・。

しかも日本のゴールもセットプレーからの1得点のみ・・・。
世界で勝つことを目標にしていてアジア予選で流れの中からしか点を取れないのは決して褒められたものではありません。
まだまだゴール前での無駄なパス回し、もたつきが多いのでは?
と感じます。

確かに疑惑の判定もあり、憤りを感じる試合ではありましたが、サポーター以上に選手1人1人が冷静だったところは驚きました。
判定が納得いかない場合、何より選手のほうが怒ると思うのですが、やはり選手たちは百戦錬磨ですね!

これで次の試合が負けられなくなってしまいましたが、何が何でもワールドカップへの扉をこじ開けてほしいです!!