マラソンのゼッケン留め おススメは?

マラソン大会に行くとゼッケン留めを使っている方、とても多いですね。
私も使っていますが。

安全ピンよりも簡単にゼッケンを装着できるから人気なのでしょうね。
安全ピンだとウェアの前に装着したときに一緒に後ろ側もピンで留めちゃった、なんてことも起こりますし(笑)

 

私が持っているのは2種類

kimg1997

kimg1998

左の青いのはアシックス製

右の白いのはミズノ製

どちらも私なりに感じたものがあります。

 

まず、アシックス製

 

 

かなりがっちりゼッケンを留めてくれます。

しかし、

それゆえに着脱に時間がかかる。

爪を切った直後だと正直しんどいです(笑)

もしかしたら私が買ったものが偶然固いものだったのかもしれませんが。

 

次にミズノ製

 

 

こちらは着脱簡単で、しかもしっかりゼッケンを留めてくれます。

というわけでこの前のハーフマラソンはこちらで参加。

おそらく来月のフルマラソンもこちらで走ります。

 

このゼッケン留め、便利ですが、弱点が一つあります。

それは、ゼッケンに穴が開いていないと使えないところです。

 

大体のゼッケンは四隅に穴が開いてますが、時々そうでないものがあります。

そんな時はこれが必須。

 

 

大会前にゼッケンが送付される時はこちらで穴を事前に開けます。

なので、当日ゼッケンが渡されるて、なおかつ穴が開いていないときは使えないという悲劇が起きます(笑)

 

ゼッケン留めは安くて使い勝手がいいので、安全ピンが苦手な方は是非使ってみてください。

ジュビロ磐田メモリアルマラソン 大会レポその2

9時20分にハーフマラソンの部がスタート!

スタートして直ぐに上り坂です。

screenshot_2016-11-15-10-46-13

スタート直後はやっぱり大混雑です!!

そして、坂を上った後の市街地では地元の学生たちがブラスバンドで盛り上げてくれます。

screenshot_2016-11-15-10-48-50screenshot_2016-11-15-10-51-24screenshot_2016-11-15-10-47-17

せっかくの日曜日にこういった形で応援してくれるのは本当に嬉しいです!

マラソンの参加は感謝の気持ちを育む人間教育にもなりそうだ、なんて真面目なことをついつい考えてしまいます(笑)

 

そして、ジュビロ磐田の選手たちや、ラグビーのヤマハ発動機の選手たちもハイタッチで応援してくれます。

screenshot_2016-11-15-10-49-18

右の男性11月なのに半そでって凄い!!

 

screenshot_2016-11-15-10-52-53

この時写真ぶれまくりです。

申し訳ございません(^^;

市街地を過ぎるとのどかな風景が広がります。

screenshot_2016-11-15-10-51-44

基本的にコースは平たんなところが多いのですが、最後の難関は19キロ過ぎ!

screenshot_2016-11-15-10-53-22

この19kmの看板を過ぎた後に待っているのが

screenshot_2016-11-15-10-53-50

最後の上り坂です!

ここは歩いている方も多かったですが、ここは歩かずに気合で乗り切ります!!

ここを乗り切ればゴールまであと1.5キロ位です。

 

あと1キロ位になるとスタジアム付近の細い道を走ります。

screenshot_2016-11-15-10-55-36

ここを抜けた先に待っているのが・・・

screenshot_2016-11-15-10-55-59

ゴーーーーール!!!

フィニッシュです。

 

ゴール後はキレートレモンがもらえますが、最高気温20℃という暑さの中ではあっという間に無くなります(-_-;)
本当に暑かった・・・。

 

ゴール後に荷物預り所に向かっていくと、ボランティアの学生さんがこちらが到着する前にゼッケンを見て荷物を用意してくれる迅速な対応(^-^)

私が預り所に着いたと同時に荷物が目の前に現れました。

この迅速な対応には感謝です!

 

終わった後はB級グルメ物産展に。

screenshot_2016-11-15-10-56-25

なかなかの賑わいでした!

 

こちらの大会は磐田市が街を挙げて盛り上げてくれるのが伝わる素晴らしい大会です。

ハーフマラソンでこの盛り上げようだと、フルマラソンになるとどうなってしまうのか、と思ってしまうくらい子どもから大人まで楽しみながら盛り上げてくれます。

特に足の悪いおじいちゃん、おばあちゃんが応援してくれる姿を見ていると応援のありがたみと健康でいられることのありがたみを感じます。

 

こういった温かさが「また来年も出よう」

という気持ちにつながるのでしょう。

 

次は12月に湘南国際マラソンの大会レポをお送りしたいと思います!!

 

ジュビロ磐田メモリアルマラソン 大会レポその1

ジュビロ磐田メモリアルマラソンに参加しました!

この大会は毎年11月の中旬に行われている大会で、ハーフマラソン、5キロ、3キロがあります。

10キロも在りましたが、なぜか去年くらいから廃止になり、その分ハーフマラソンの参加者が増えています。

5キロにせずに距離を増やしてハーフに参加するとは皆さんチャレンジャーですな!!

 

前日は掛川に宿泊し、当日磐田駅に到着。

kimg1995

磐田駅は自販機もジュビロです!!

関内駅周辺もベイスターズカラーにしよう(笑)

 

駅からはシャトルバスに乗車!

この大会の数少ない欠点の一つが、シャトルバスの料金が230円と中途半端な上にSuicaなどのICカードが使えないことです・・・。

effectplus_20161114_144931

見た感じ大行列ですが、次のバスがどんどん来るので10分も待たなかったです。

すぐに乗るコツとしては早い時間に行くのももちろん一つのコツですが、早めに改札を出て乗り場に行くことですかね。

もちろんこの日の磐田駅は混みますが。

バス移送自体は年々スムーズになっている感じがします。

あ、あとはSuicaの導入お願いします、遠州鉄道さん!!

 

そして、ヤマハスタジアムに到着!!

screenshot_2016-11-14-14-46-34

賑わってます!

荷物を預けた後はウォーミングアップ開始です。

荷物預かり担当のボランティアの学生さんたちが元気よく、礼儀正しかったので嬉しくなります!

 

そして、開会式

kimg1960

開会式の時に

「この開会式に社長がいませんが」

という発言に

「ん?体調不良かな?」

と思いきや

「社長はハーフマラソンに参加するのでウォーミングアップ中です」

という仰天発言。

 

そして、この開会式では救護班の方が毎年爆弾発言をしてくれます。

今年は

「皆さん、今日は暑いので気を付けてください。どこかのチームのように調子がいいからと言って前半飛ばして後半失速して残留争いしないように・・・」

と選手たちには耳が痛いお言葉(笑)

毎年笑わせてくれます。

 

終わるとチアリーディングの時間

screenshot_2016-11-14-14-47-44

ちなみにハーフマラソンの人はこれを最後まで見るとスタートに遅刻しそうになります。

というわけで私は駆け足でスタート地点に!!

kimg1976

スタート前。

今回はBブロックスタートでしたが大混雑(笑)

他のブロックも同じくらいでしょうが。

 

そして、前の方から監督の一言

「スーパースターの名波です!今年は皆さんと一緒にハーフマラソン走ります!」

なんと、日本代表で10番を着けていた伝説のレフティ、名波浩監督が参加!!

 

これは見つけて握手しに行くぜ!!

と、テンションが上がりながらスタートしました!!

 

続きは明日書きます!!

侍ジャパンのセカンドは山田?菊池?

昨日は侍ジャパンの強化試合でしたね。

あまり見てませんが、貧打な上に7失点で敗北だったとか・・・。

 

この侍ジャパンで関心事の一つがセカンド論争でしょう。

2年連続のトリプルスリー山田哲人選手か?

日本一といってもい守備の名手菊池涼介選手か?

 

野球好きならこの話で3時間くらいはお酒が進むかもしれませんね!!

それぞれの考えがあるでしょうし、他人の考えを聞くのは面白いですからね。

もちろん、相手の意見をむやみに否定しちゃダメですよ!

ケンカになりますから。

 

昨日は山田選手が先発でしたが、私の考えとしては菊池選手をぜひセカンドで!と思ってます。

 

理由

国際大会はリーグ戦と違って相手のデータが無いので、過去の国際試合を見ても接戦になることが多い。

そういった意味では1点を守る内野、特にセンターラインのセカンド、ショートの守備力は、1試合に4回程度しか出番のない打撃よりも重要では?と思われる。

国際試合はストライクゾーンがアウトコースに広いが、今シーズンの山田選手のコース別打率を見ると、アウトコースだけが3割を切っているので、アウトコースは苦手なのでは?という印象を受ける。

対戦相手に「日本のストライクゾーンは外は狭いからアウトコースを攻めていこう」という考えも十分あり得る。

ということを考えると山田選手の打撃がこの国際大会ではシーズンの時よりも目立たなくなる可能性が高い。

といった考えから守備重視で菊池選手かなと感じました。

 

もちろん山田選手の打撃が見たいという気持ちもあるので、大谷投手が先発の時などはDHもありかな、と思いますし国際試合のストライクゾーンを経験することでさらに大きくなるのでは?とも思うので悩ましい問題ではあります。

 

後はメジャー組が加わればもっと面白くなりますね!

ちなみに私はユニフォームは今回のより第一回の方が好きです(笑)

 

 

デスノート Light UP THE New WORLDを観てきた感想

先日は映画「デスノート Light UP THE New WORLD」を観てきました!!

kimg1859

感想としては、

「前作のような心理戦を楽しみたい人には物足りないが、私のように前作があまり頭に入っていない人間はそれなりに楽しめる」

といった感じです。

 

私は原作は全話読んでますが、前作の映画は先日の金曜ロードショーの総集編しか見てません。
なので、それなりに楽しむことが出来たのではないかと思います。

観終わった後にデスノートのルール設定を度外視していないか?

と、思えるシーンがあったりしたのでコアなファンの方は気に入らないかもしれませんね。

 

それと警察がちょっと甘すぎではないかなと・・・。

対策本部なんでしょ?顔と名前知ってる人間に名前書かれたら死ぬの分かってるでしょ?

それなのにその程度の対策?死にたいの?

とも思えました(笑)

 

ネタバレは好きではないので詳細は書きませんが、最後の最後まで席は立たない方が良いですよ。
と、だけお伝えしておきます。

 

ちなみに映画館に行く前におさらいをしたいという方はこちらがおススメ!

登録後2週間は無料なので、2週間以内なら過去のデスノートの映画2作品が無料で楽しめます。

2週間以内に解約しないと有料で月に1,000円くらいかかるのでご注意ください

こちら⇊

 

プロ野球FA宣言で聞く 「他球団の評価を聞きたい」

今日は久々にマラソンから解放されてプロ野球ネタです。

この時期になると聞こえるFA宣言のニュース。

 

「他球団の評価を聞きたいので」

 

と年に1度は聞く言葉ですね。

 

他球団の評価を聞きたい、というのは

 

「うちの球団3年5億円だったけど、手を挙げたあの球団が、3年6億円超だったからあの球団の方が俺のこと評価してくれるや。」

 

とかって話なんですかね?

最近ニュースで見たような数字なので、特定の選手のことを言っているように感じるかもしれませんがご容赦ください。

そうだったらなんだか安っぽい話ですよね。

 

安っぽいと感じる理由は2つ。

 

1つはプロ野球各球団ともに資金格差は確実にあります。

なので極端な話、1億円しかない球団の1億円と、10億円ある球団の2億円は前者の方が値打ちがあるのではないでしょうか?

「うちの全財産1億円渡すから来てください。」

「うち10億あるからあの球団の2倍出すよ」

だと、全財産を渡してくれる前者の方が誠意があると思うのです。

というのが1つ。

 

もう一つは、

水で例えると、500mlのペットボトルの水を300円で売ってあげる、と言われてあなたは買うでしょうか?

多分買いませんよね。

 

しかし、砂漠で水分不足で死にそうな時に、

「500mlの水、1万円で売るよ」

と言われたらおそらく誰もが買うでしょう。

買って飲まないと死んでしまうからです。

 

優勝しないと何かと批判される球団が2年連続で優勝を逃し、

同一リーグ他球団のエースクラスがFA宣言したら

 

「活躍してくれれば嬉しいし、もちろん可能性はある。」

「活躍しなくてもライバル球団の戦力を削げる。」

「獲得せずに残留又は他の球団に移籍して来年活躍されたら『なぜ獲らなかった、無能フロント!』と揶揄される。」

「来年優勝できなかったらどうしよう。打てる手は打つべきだ。」

 

という感じのことを考える可能性は十分にありますので、世間が思ってるよりも高評価になる可能性は高いのでは?

というのが2つ目の理由。

 

上記の2つの理由によって提示される金額が上がる条件が揃っているので、所属球団よりも他のお金持ち球団の方が良い金額を出すのは何ら不思議ではありません。

それを

「良い評価をしていただいた」

と捉えるのはどうなのかな?と思ってしまうわけです。

 

ましてや所属球団は暗黒時代が長引いたこと、20年以上第一線で活躍した大ベテランが引退したこともあって全体的に年俸は低め。

この状態で無駄に年俸を上げ過ぎると

「何であいつはあんなにもらえて俺は?」

となりかねないので足並みをそろえる必要がある。

 

このような状況を考えればそりゃあ移籍の方が好条件でしょう。

それを「こっちの方が高いから良い評価」ってなんかおかしくないか?

FAするのは自由だが、やりがいとか、今後どのような野球人生を歩みたいかで今後の球団選ぶべきではないのか?

と思ってこんなブログを書いてみました。

 

あくまでも素人の独り言なので、気に食わなかったら軽ーく聞き流してください(笑)

ランニングフォームの前傾を意識!

先週からランニングフォームのチェックをメインにランニングをしています。

 

一応私が普段から意識しているのは前傾姿勢と腕の振りで肘をしっかり引くこと。

ですが、知らず知らずのうちにフォームが崩れてしまうのが人間ですので時折上記のことを特に意識しながら走りこむのです。

 

前傾姿勢ですが、私が気を付けているのは「く」の字型にならないようにすること。

前傾姿勢とは何か?

極端な例でいうと、目の前に壁などがなければ倒れてしまうくらい体が前に傾いている状況です。

 

「く」の字型だと上半身は前に傾いていても腰から下は後ろ向きになっているので結局重心が前に行っていません。
前に倒れこむ推進力を使いたいから前傾姿勢ですので推進力のない「く」の字にはならないようにしっかり腰から下も前に傾いているかを常に意識しています。

 

肘については今年フォームチェックをしたときに引き方が甘かったのですが、最近は特に酷くなっていました。

肘をちゃんと引かないと肩甲骨が使えず、骨盤がスムーズに動かないので脚がスムーズに出ません。

ちゃんと全身を使えないとフルマラソンはしんどいですから(笑)

 

是非とも一度金哲彦さんからフォームの指導を受けたいものです。

 

 

 

某ランニング番組で指導力の高さを日本全国に知らしめている金哲彦さんの書籍。

例えるのが非常にうまく、初心者にもわかりやすく教えてくれます。

久々の30キロ走も疲労に敗北・・・。

先日は久々に30キロ走に挑みました。

ペースとしては、私は普段のランニングは速いときは4分台後半、遅いときは5分40秒程度なのですがキロ6分を目標に設定。
これは先日の金沢マラソンで25キロ過ぎから脚が動かなくなり始めたので、距離を稼ぐことよりも長時間走ることを目標にしたからです。

 

そして、いざ30キロ走!!

 

が!!!

金沢の疲労がまだまだ残っていたか、24キロほどで終了・・・。

悔いの残るランとなりました。

 

疲労以外の原因としては1キロ6分と決めていたのにそれ以上のスピードが出てしまっていたこともあると思います。

 

まだまだペース調整がうまくできない証拠ですね(笑)

 

同じようにペースがうまくつかめないけど30キロ走などのロング走をしたい方は練習会がおススメです。

 

私はこちらの練習会に1度参加させていただきましたが、レベルごとにクラスが数多く分かれていたのでどなたにもおすすめ出来ると思います。➡ eAマラソン練習会

 

来週は静岡でハーフマラソンがありますが、こちらも楽しみながらフルマラソンに向けての調整ランにさせていただこうと思います!!

湘南国際マラソン イベント その2

先日行われた湘南国際マラソンのイベント。

私はスタンプラリーに参加しました!!

kimg1874

テラスモール内にスタンプ台が3か所あるのでそこのスタンプを集める企画です。

全部そろえると景品付きのガチャガチャが出来ます。

kimg1879

商品券4,000円分とか、ニューバランスのランニングシューズとかなんだか魅力的です。
もちろん狙いはAのランニングシューズ!!!

ちなみに湘南国際マラソンの出走権も商品でありました!!

出走権がほしい方はこれとは別のガチャガチャを引くようです。

 

というわけで、ランニングシューズを求め、スタンプラリーの旅へ出発!!

kimg1884

終了!!

 

そして念願のガチャガチャへ。

私が引いたものは・・・。

kimg1890

G!!

さて、Gと言えば・・・

kimg1892

ペットボトルの飲み物でした・・・。

さらばランニングシューズ(笑)

 

ちなみに景品のランニングシューズ、M1040はこちら

 

写真とは色が違いますがこちらのタイプのようです。

M1040は男性用、W1040は女性用です。
足の広さも2Eから4Eまで幅広く取り扱っているので足の横幅が広い方にもおすすめです。

 

そして、湘南ジェーンの表彰も行われていました。

湘南ジェーンとは何ぞや?
という方に一言でいうと、ミスコンのようなもので、今回で第2回目の企画です。

湘南ジェーンに選ばれると1年間大会のPRをするそうですが、すぐに枠が埋まる超人気大会にこれ以上のPRって必要なのか?
という意地の悪い突込みはやめておきましょう(笑)

大会を盛り上げるための企画ですから。

kimg1905

準グランプリとグランプリの方が最終選考の10人の中から選ばれました!!

ちなみに準グランプリの方はフルマラソンのペースメーカー経験者のようです!!

多分サブ4ランナーの私より速いです(笑)

 

と、こんな感じで大会1月前のイベントを楽しんできました。

今から1月後の大会が楽しみで仕方ありません!

ラン仲間にも久々に会えますし。

 

参加される皆さん、当日は一緒に楽しみましょうね!!

湘南国際マラソンのイベントに行ってきました。

湘南国際マラソンまであと1月となりましたが、今日は湘南国際マラソンのイベント「SHONAN HAPPY DAY」に参加しました!

場所は辻堂駅出てすぐのテラスモール湘南。

kimg1867

kimg1868

kimg1869

ゲストには毎年湘南国際マラソンを盛り上げてくださっているはるな愛さん。

kimg1897

そして、数多くの国内のマラソン大会にゲストとして参加しているエリック・ワイナイナさん。

screenshot_2016-11-05-14-55-36

軽快な走りを披露!!

写真は1/1000分のマラソンの写真です。
42.195メートルを走り、そのタイムを1000倍することでフルマラソンのタイムに換算するという企画です。

ベストタイム見たら「1時間38分」位でした(笑)

オリンピックなら厳重なドーピング検査行きの記録です。

多くのお子さんが参加してましたが、2時間10分から40分くらいのタイムが多く、トップアスリートは常にこれくらいかそれより速いスピードなんだよな、と思うとトップアスリートの凄さが分かります。

 

Tシャツの販売なども行っていました。

kimg1871

この日は他のイベントも盛りだくさんでしたので、明日のブログで詳しい様子を書かせていただこうと思います!!

 

クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村