日本代表、最終予選の大事な初戦でPKに散る

昨日は仕事を早めに切り上げ、日本代表のワールドカップアジア最終予選対UAE代表戦をテレビで観戦。
初戦の入りはとても大事なので、注目してました!!

アジアカップの因縁の相手UAE相手に大量得点で勝利!!
というのを期待していたのですが、終わってみれば1-2で敗北。
しかも前回と同じく今回もPKに泣かされることに・・・。

しかも日本のゴールもセットプレーからの1得点のみ・・・。
世界で勝つことを目標にしていてアジア予選で流れの中からしか点を取れないのは決して褒められたものではありません。
まだまだゴール前での無駄なパス回し、もたつきが多いのでは?
と感じます。

確かに疑惑の判定もあり、憤りを感じる試合ではありましたが、サポーター以上に選手1人1人が冷静だったところは驚きました。
判定が納得いかない場合、何より選手のほうが怒ると思うのですが、やはり選手たちは百戦錬磨ですね!

これで次の試合が負けられなくなってしまいましたが、何が何でもワールドカップへの扉をこじ開けてほしいです!!