WBCで日本惜敗 小久保裕紀監督は退任の意向

いや~ここまで出塁の気配すらない試合になるとは・・・。

という印象でした。

こういうときには文字通りミスした方が負ける、ということなのでしょうね。

 

といっても、なれないアメリカの球場でしかも雨が降っている。

内野手にとっては守りにくいことこの上なかったでしょう。

それに日本もアメリカに行くまでは存分に地の利を活かして戦わせてもらっているので

地の利に関しては文句言えません・・・。

 

150キロを超え、右打者に食い込むようなツーシーム。

その後には外に逃げていくスライダー、カットボール。

しかも横に曲がる変化球が良く曲がる。

ゲストの黒田博樹さんも言ってましたが、あそこまで曲がるのには

ボールだけでなく、気候的な面もあるのでしょうね。

現に菅野智之投手のスライダーもいつもより曲がっているといわれてましたし。

 

笑ってしまったのが、150キロのツーシームを見た黒田氏が

「150キロでこれだけ曲がると厳しいですよね」って

いやいやあなたもアメリカいたときこれくらいエグいの投げてたでしょ(笑)

ボールゾーンからキュッとベースの上に入ってくるとんでもないのを(^^;

 

そう考えると、あれに慣れるには当然あれを投げる人と対戦しないといけない。

しかも出来るだけ多く。

そうするとペナントレース。

でも、ボールも気候もアメリカとは違う・・・。

というと日本では再現するのは厳しいかな?

では、メジャーリーグに行く。

でも、そうすると球団から

「WBCには出ないでレギュラーシーズンに備えなさい」

と言われて出れない・・・、

どう対策するのかある意味見もの。

 

そして、小久保裕紀監督退任の意向。

散々バッシングを浴びてたなかで、本当にお疲れ様でした。

風の噂なので、本当かは知りませんが、代表監督ってそんなにお金もらえないらしいので、

安い金額で散々野次られるってのは結構厳しいポジションだと思います。

お金出す方もそこは奮発してほしいな。

 

本当は優勝して、文句言っていた方々が突然手のひらを返すところを見たかったが、

それが叶わず残念。

でも、よくやったと思っている人も多いようなので、それなりには手のひらが返ったかな(笑)

 

次の監督は誰になるのか?

ちょっと気になりますし、次の監督にはちゃんと実戦経験を積ませる場を提供してあげてほしいですね。

選手の皆様お疲れ様でした。

悔しいでしょうが、この悔しさでさらに大きくなっていただきたいですね。

ついにハマスタから見放されたヤクルトファンと中日ファン・・・。

このタイトルが何か?

というと、これが今シーズンベイスターズがハマスタで試合する時の座席表のページです。

こちら → 座席表

 

上が巨人、阪神、広島

下がヤクルト、中日

 

どこが違うか?

ヤクルト、中日はレフトスタンドの半分が25番26番。

この25番、26番を見ると

25 レフトDB指定席

26 レフトDB外野立ち見

 

あら!!

レフトの半分も正式にベイスターズ側に(笑)

かわいそう・・・。

といってもハマスタに来るベイスターズファンが多くて、中日ファン、ヤクルトファンが少ないので

仕方ない。

 

カープにカープ女子が誕生したように

今こそ奮起せよ!!

中日ファン、ヤクルトファン!!

YOKOHAMA STAR メガホン付チケット

ベイスターズが開幕カードの巨人との3連戦もチケットを

「YOKOHAMA STAR メガホン付チケット」と題してメガホン付きで販売するそうです。

 

メガホンって懐かしいですね。

私も昔はライトスタンドでメガホン叩きまくりました。

強くたたきすぎて破壊したメガホンの数は数知れず・・・。

きっと皆さんもたくさん壊したはず(笑)

 

ファンクラブ会員の方は2月11日10時から抽選受付ですよ。

 

私はマラソン練習や筋トレで忙しいので申し込めるかどうか(笑)

最近筋トレを再開しました!

というのも上半身の筋肉が落ちて代謝が落ちてしまっているからなのですが(笑)

 

とりあえず、それなりに筋肉付くまでやります!

マッチョは目指しません(笑)

 

飲んだ後にはサプリを飲みます。

このサプリ、プロテインよりもはるかに効率よく、筋力アップに良い成分を摂れるそうなので

GACKTさんの背中がまぶしいです(笑)

こちら →メタルマッスルHMB

 

今年のベイはどうなるかな?

外国人が1人は当たってほしい!

というか、ラミちゃんの力で当りにしてください!!

山口俊投手の人的補償は平良拳太郎投手

ついに山口俊投手のFA移籍に伴う人的補償が発表されました。

年末から待ち遠しかったニュースでしたが、ようやく発表になりましたね!!

 

巨人から平良拳太郎投手の獲得を発表。

動画で見る限りだと、スライダーとフォーク(かな?)の2種類の変化球が良い投手だなという印象です。

特にフォークが良いなというのが個人的な感想です。

あ、ちなみに私ど素人ですので、本当に個人の感想なので苦情はご遠慮願います(笑)

 

投げ方はサイドスローともスリークォーターとも言える感じの投げ方で、昔在籍していた戸叶尚さんもそんな感じの腕の振りだったな、と思ってしましました。

 

横浜首脳陣から高く評価されての入団ですので、1年目から戦力になれるように頑張っていただきたいですね!

超大型助っ人フィル・クライン投手の評価は?

横浜が来季の新戦力としてフィル・クライン投手と契約しました!

2メートル1センチの超大型助っ人です。

2メートルを超しているとは、ジェイソン・ターマン投手を思い出しますな(笑)

 

アメリカでの成績を見ていると奪三振率の高さが目を引きます。

奪三振率が高い、ということは真っ直ぐ、変化球共に空振を取れるほどのスピードや大きな変化量を持っている投手である可能性がありますね。

 

球団の評価ではコントロールも良い、ということだそうです。

たしかに今年のマイナーでの成績を見ると、78イニングで18四球。

9イニングで約2個の四球という計算なので、コントロールは良さそうな感じです。

1イニングあたりの出塁数(WHIP)も0.97と1を切っていますので、

マイナーでの成績だけ見たらエースクラスといえます。

 

気になるのが今シーズンでのメジャーでの成績。

イニング数が少ないのであまり参考にはなりませんが、19イニングで9四球。

2イニングに1つの四球ということになりますね。

去年、一昨年のメジャーでの成績を見ても同じように2イニングに1つのペースで四球を与えているので、

まさかメンタル弱い系?

 

巨人に行った山口俊投手の代わりだからといって、

まさか同じようにメンタルの弱い選手を連れてきたのでしょうか??

 

というところが見ていて不安に思ったところですね。

しかし、奪三振率の高さからして、

今投げれているボールを日本でもそのまま投げれれば日本でも高い奪三振率を誇るエースクラスの投手になれるのではないでしょうか?

 

日本で成功出来た場合の1番の問題は年俸でしょう。

1億5千万円らしいので、

結果を出したら契約更改でもめて国内移籍、

または「自信が持てた」と言いながらアメリカに帰りエースとして活躍。

 

という感じになりそうなので、どちらにしろ横浜にはあまり長いこといない可能性が高いですね。

ただ、「横浜に来てよかった」と言ってもらえる野球人生を送っていただきたいし、応援したいです。

 

ちなみに本日年内最後のお給料でした(笑)

これで今年の年収が確定いたしましたので、明日からの3連休のどこかでふるさと納税させていただきます!!

年収が固まらないと限度額の目安が付かなかったもので(^^;)

 

ふるさと納税の制度がよくわからなかったので、よく利用させていただいたサイトです。

ふるさと納税について詳しく教えてもらえます。 ➡ ふるさと納税とは?

山口俊の人的補償は誰になる??

横浜は巨人から山口俊の人的補償を獲得するための名簿を受け取ったそうです。

どうやらこの名簿はプロテクトしている選手の名前が載っているようですね。

 

果たして誰を獲得するのか、というのはプロ野球ファンにとってはかなりの関心事です。

過去にFA宣言で出て行ったものの、人的補償選手の活躍の選手が目立ち、人的補償で出て行った選手がFAした選手と呼ばれ、逆にFAで出て行った選手が人的補償選手と呼ばれてしまうこともあるくらいです。

 

個人的にはリリーフ投手がもう1枚加わればありがたいのでは?

と、思っています。

 

今シーズンのベイスターズは、リリーフ投手の頑張りがあったからこそ3位になることが出来たと思ってますが、

基本的にリリーフ投手は過剰労働させられてしまうポジションでもあるので、余分にいるくらいがちょうどいいポジションではないかと思っています。

野手や先発投手以上に「今年やってくれたから来年も」という計算が立てにくいポジションではないでしょうか?

勤続疲労の他に、相手が慣れてくる、といった技術的な面もあるのだともいますが。

 

そういった意味では、今年活躍したリリーフ陣に来年も同等の活躍を期待してしまい、補強を怠ってると、何かあったときに計算が立たなくなるのでは?

そういう意味でもリリーフピッチャーかな、と思います。

 

ちなみに誰がプロテクト漏れしてる可能性が高いかは全く分かりません(笑)

名簿を見せてもらえればまた意見は変わるでしょうが、獲られる側と違って獲る側は楽しみですね。

 

過去に巨人からFAの人的補償で獲ったのは、工藤公康投手と、藤井秀悟投手でしたね。

どちらもベテランの先発左腕。

そうするとまた、FAでやってきたベテランの左腕だったりして・・・。

 

そうなると、杉内俊哉投手でしょうか?

あ、そうなると先発だ!!

リリーフがいいとか言っておいて、このようなオチになってしまいました(笑)

 

とりあえず、巨人ファンの方々から来シーズン

「何でプロテクトしなかったんだよ!!」

という野次が聞こえる結果になることを期待しましょう。

 

ちなみに、ここでマニアックな本(ジェイジェイ選手ではありません)を紹介

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西武と巨人のドラフト10年戦争 [ 坂井保之 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/12/13時点)

 

西武と巨人の過去のドラフトについて語られています。

巨人が桑田真澄投手をなぜ1位で指名したかが綴られています。

そして、この時の巨人の本当の狙いが聞いて驚くことだったります。

巨人ファンの方からすれば実現すれば嬉しかったでしょうが、他球団のファンからすればゾッとします(笑)

冬休みの読書感想文にどうぞ!

プロ野球選手会が提案する「ルール5ドラフト」ってなんだ??

何やらプロ野球選手会がNPBに「ルール5ドラフト」なるものの導入を提案しているとか。

詳しい制度の内容は良く分かりませんが、簡単に言うと、
出場機会のない若手選手を対象にドラフト会議を行う、ということなのでしょう。

 

これは非常に意味のあるドラフトなのでは?と、個人的には思います。

 

理由としては、

・チームによって出場機会が増える可能性がある。

・新たな環境、新たな指導者との出会いで変化が起こる可能性がある。

と、言ったところでしょうか。

 

一つ目の理由ですが、2軍の選手は実戦経験が不足することが多いらしいので、2軍ですらあまり出場機会のない選手は、他に出場できる可能性のあるチームがあるならそこに行った方がいいのでは?という理由からです。

2軍だと、結果を残していても次の年に将来有望な選手が入ってくると、球団の方針であっさりポジションを取られることがあるらしいので、実力で撮られるのならまだしも、そういう理由でポジションを取られるなら出て行った方が良いですよね。

 

二つ目の理由はプロ野球は個人的な想像ですが、コーチによって指導力が全然違う気がします。
日本のプロ野球って指導するのにいるのがライセンスや免許ではなく、過去の名声や監督、フロントに好かれているかの気がします。

教える、ということをあまり学ばずにコーチになっていると思うので、
教える仕事をしていた経験のある私からすると、それでちゃんと伝えられるのかな?といつも思っています。

そういう現状を考えると、指導者の当り外れで成長に影響がある気がしますし、チームの雰囲気の合う、合わないという問題も、もしかしたらあるかもしれないので、そういう意味では伸び悩んで、なかなか一軍にお呼びがかからない選手には良いのでは?

と、思えます。

 

導入する以上は、ドラフト会議でも過去に問題視された出来事もありましたので、そういうことが起こらないように整備しないといけないでしょうし、選手にも志望届のようなものを出させないといけないでしょう。

FA制度やポスティングシステムの導入で主力選手が移籍しやすくなった現状のプロ野球では、主力選手の穴埋めの意味も含めて選手を生かすための制度として導入していただきたいものです。

 

この前カレンダーを買いました!!

買った直後に卓上カレンダーもあることに気付く(笑)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【卓上】横浜DeNAベイスターズ 2017年 カレンダー
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/12/8時点)

 

 

山口俊投手が巨人へ移籍

山口俊投手が巨人に移籍することが決まりました。
ゴールデンウィーク辺りにやっていた、私のパワプロでも巨人に移籍しましたが、まさか現実になるとは当時は思ってませんでした(笑)

メンタルが不安と言っていたので、見てるこっちが「本当に大丈夫か?」
と、心配になりますね。
ちなみに私は横浜ファンなのですが・・・。

入団二年目くらいから
「凄いストレートだ!将来はハマのストッパーだ!」
と、思いながら見ていたので、その後中継ぎで結果を残し、抑えを任されたときは個人的には嬉しかったです。

その後メンタルが弱い、と言われながらも100以上のセーブを挙げましたし、他のファンの方が野次を飛ばしていても
「自分が見込んだ選手だから」
という理由で応援し続けてきました。

そういう意味でも移籍されるのは寂しいですね。
選手の権利ですし、山口投手自身の事情もあるでしょうから文句は言えませんが。

 

しかし、ネットの声を聞いていても、巨人ファンの方からも「不要」の声が聞こえるので、
個人的には来年すぐにでも結果を残さないとまずいのでは?

予想される巨人ファンの方々の反応

開幕してすぐ結果を出す➡お、思ったより使えるじゃん。ガンバレ!
開幕してなかなか結果が出ない➡やっぱりいらねー、使えねー。若手の〇〇を使えよ!

こんな感じになるのでは?
友人の巨人ファン2人も過去に村田修一選手を

「使えねえ」

「村田君を返品したいんだけど」

と、厳しい評価をしてました(笑)

 

同じことが起こりそうな気が・・・。
しかも、横浜ファンは容赦なくブーイングすると思うので、
巨人ファンの「いらねー」と横浜ファンのブーイングを合わせると、横浜時代に一番野次られていた時の3倍くらいの野次、ブーイングになるのでは?

耐えられるのかな?

ちなみに私はブーイングする予定です(笑)

理由は簡単、
メンタルが弱いのなら、メンタルを崩すのが打線の援護射撃になるからです。
別に怒りの感情があるわけではないです。

サッカーのサポーターも、相手の集中力を乱すために、ブーイングを飛ばします。
それと同じです。

 

スポーツは心技体揃ってのものなので、それくらいは耐えていただかないと(笑)
ただ、ブーイングだけで、人権にかかわるような野次は飛ばしません。
あくまでも、マナーを守ってブーイングしますので、横浜ファンの皆さん、たくさんブーイングを楽しみましょうね(笑)

 

そして、人的補償は誰になるでしょうか?
村田選手が来たら笑いますが、一岡選手のように、埋もれてる選手を発掘出来たら面白いし、
そこはフロントの腕の見せ所ですね。

三浦大輔写真展のパネルが届きました!

三浦大輔写真展から1月半ほど経過しましたが、その時買ったパネルがついに届きました!

kimg2009

完投勝利したときの写真でしょうね。
番長が完投したときに右手を突き上げる姿は何度も目にしてきただけに、こうして写真でいつでも見ることが出来るのはファンにとってはたまりません!

 

今月はサンデースポーツのマンスリーキャスターを務めているので、ついつい日曜の夜はNHKにチャンネルが行ってしまいますね。

 

そして、番長と言えばこんなものも出てました!

 

 

トレーディングmini色紙だそうです。

シリアル番号入りで直筆のサインが入るとか・・・。

 

シリアル番号入りとかって単語には私大変弱いです(笑)

買おうかな・・・。

悩む(^^;

侍ジャパンのセカンドは山田?菊池?

昨日は侍ジャパンの強化試合でしたね。

あまり見てませんが、貧打な上に7失点で敗北だったとか・・・。

 

この侍ジャパンで関心事の一つがセカンド論争でしょう。

2年連続のトリプルスリー山田哲人選手か?

日本一といってもい守備の名手菊池涼介選手か?

 

野球好きならこの話で3時間くらいはお酒が進むかもしれませんね!!

それぞれの考えがあるでしょうし、他人の考えを聞くのは面白いですからね。

もちろん、相手の意見をむやみに否定しちゃダメですよ!

ケンカになりますから。

 

昨日は山田選手が先発でしたが、私の考えとしては菊池選手をぜひセカンドで!と思ってます。

 

理由

国際大会はリーグ戦と違って相手のデータが無いので、過去の国際試合を見ても接戦になることが多い。

そういった意味では1点を守る内野、特にセンターラインのセカンド、ショートの守備力は、1試合に4回程度しか出番のない打撃よりも重要では?と思われる。

国際試合はストライクゾーンがアウトコースに広いが、今シーズンの山田選手のコース別打率を見ると、アウトコースだけが3割を切っているので、アウトコースは苦手なのでは?という印象を受ける。

対戦相手に「日本のストライクゾーンは外は狭いからアウトコースを攻めていこう」という考えも十分あり得る。

ということを考えると山田選手の打撃がこの国際大会ではシーズンの時よりも目立たなくなる可能性が高い。

といった考えから守備重視で菊池選手かなと感じました。

 

もちろん山田選手の打撃が見たいという気持ちもあるので、大谷投手が先発の時などはDHもありかな、と思いますし国際試合のストライクゾーンを経験することでさらに大きくなるのでは?とも思うので悩ましい問題ではあります。

 

後はメジャー組が加わればもっと面白くなりますね!

ちなみに私はユニフォームは今回のより第一回の方が好きです(笑)