コラントッテネックレスのクレストのレビュー

10月頭のハーフマラソンでレース中の肩こりに悩まされた私は、スポーツ用本店で肩こりに良い、と書かれていた「コラントッテ クレスト」を購入することに・・・。

前回も写真をお見せしましたが、これです。

kimg1688

この手の商品の効果は口コミやレビューを見てもピンとこないので、自分で実際に着けて走ってみました。

今回の実験の内容はこんな感じで行いました。

・クレスト装着で10キロ

・クレストなしで10キロ

・クレスト装着で15キロ

・クレストなしで4キロ

・クレスト装着で7キロ

基本的に10キロ以上はジョギングペース、4キロ、7キロは徐々にペースを上げる感じです。

 

結論から言うと、クレストなしの方が肩の状態が悪かったです。
逆に着けているときはほとんど気になりませんでした。

装着していた時も終わってストレッチをしているときに肩に筋肉疲労が見られましたが、着けていなければもっと疲労が残っていた可能性があります。

 

と、いうわけで私の実験結果ではクレストには肩こりに効く効果がある、ということになりました。

サイズとしては成人男性で標準的な体型の方はLサイズ(51センチ)で問題ありません。

Mサイズ(47センチ)でも問題ないと思いますが、かなりジャストフィットな感じがします。
私は多少のゆとりがほしかったので、Lサイズです。

 

来週は金沢マラソン2016ですが、このクレストにも一緒に走ってもらいます。
大会前にハーフマラソンや30キロ走を行うことは脚を作ることはもちろん、こういった欠点を見つけることも出来るのでおすすめです。

そして、クレストですが、本来はスポーツ用というよりは日常用らしいので、普段肩こりに悩んでいる方にもおすすめします!

 

 

ランニング中の肩こり解消?

前回参加したハーフマラソンの最中で肩こりが気になったということを書かせていただきました。

今回は肩こりを解消すべく、対策を練ってみました。
それが、このネックレスです。

kimg1688

「コラントッテネックレス クレスト」です。
最近はランニング中にこれ付けて走ります。

本来はフォームに問題があると思うのですが、フルマラソンまであと僅か、という現状を考えれば打てる手は打たないと、と思って購入しました。

 

とりあえず、これを装着して走って、その次は装着せずに走って比較しました。
距離は約10キロ。

装着時は肩に違和感なしでしたが、装着しなかったときは5キロ地点で肩にコリがきました。
ちなみに昨日は15キロを装着して走って、あまり違和感なし。

1日経って肩のストレッチやマッサージをすると少し筋肉の疲労を感じるので、このネックレスがコリを和らげてくれているのかな?
というのは感じています。

 

ちなみに私の身長は175センチで、これはLサイズ(51センチ)を使ってますが、大きくなく、小さくなくといった感じです。

Mサイズくらいがジャストフィットかもしれませんが、首に着けるものなので、少しゆとりがほしいくてこの大きさにしてます。

慣れないと、走っているときにネックレスが跳ねて気になるのでシャツの中に入れて走った方が違和感なく走れます。

 

もう何度か使って検証しますが、肩こりに悩む方にはおススメです。