金沢マラソン2017 参加ブログ

10月29日に行われた金沢マラソン2017に参加してきました!
前日に金沢入りして受付そしてTシャツゲット!!



今年は紫色です。
私の腕の問題か、ちょっと明るくなってますが、実物はもう少し暗めな色です。
しわくちゃなのはカバンに詰め込んだからなのでご了承を(笑)

コースとしては歴史的景観ゾーン、中心市街地ゾーン、新動脈:山側幹線ゾーン、学生のまち文教ゾーン、旧街道まちなみゾーン、白山連峰を望む田園ゾーン、駅西新都心ゾーンとなってるので、市街地あり、車でしか通れない幹線あり、歴史情緒あふれる街並みありのどかな田園ありといった感じで景色が変わりやすいのが特徴です。

また、これが高低差です。

序盤に上るだけで、あとはほとんど上りはありません。
緩やかな上りも中盤、終盤にあるので飛ばし過ぎて脚がなくなってしまうとかなりしんどいかもしれませんが、基本的にはフラットで走りやすいです。

前日から雨の予報があり、しっかり防雨対策をして臨みました。

帽子、ゴミ袋、雨合羽の3つで対策をしました。
帽子で頭を守り、ゴミ袋は顔と腕を出す穴を作り、上半身の防雨に、雨合羽は始まる前の防寒も兼ねてレース5分前くらいまで着ていました。

実際の天気は始まる前は小雨で、スタート直前に止み、スタートして1時間半程度経過してから本格的に降りだし、その後はずっと降っていた感じでした。
雨のフルマラソンは初めてでしたのでいい経験になったかなと。

レースタームはこんな感じでした。

ネットタイムで3時間43分48秒でした!
PBは44分台でしたので、わずかですがPB更新です。

個人的に良かったところはここです。

5キロごとのラップタイムですが、ほぼイーブンペースで走ることが出来ました。
普段はペースを上げようとして逆に失速というパターンが多かったのですが、半分を過ぎたところで、「このまま行ければPB更新だ」ということに気が付いたので、ペースを落とさないことを目標に最後まで粘ることが出来ました。

いつもは30キロ過ぎで全身が鉛のように重たくなって、残りがしんどくなるというのが恒例パターンでしたが、今回は脚の筋肉が痛くなったくらいで鉛のような重たさは有りませんでした。
もしかしたらこいつのおかげかもしれませんね。

エネルギー切れを防ぐのには還元型のコエンザイムQ10良いという話を聞いていたのでかれこれ3か月くらい飲んでいます。
昨年の金沢マラソンと比べて5分ほどタイムを縮められた要因の一つはこれなのかもしれません。

コエンザイムQ10に関してはこちらに詳しく載っています。
こちら → コエンザイムQ10について

 

運よく2年連続で参加することが出来ましたが、毎年思うのが沿道の方の声援が凄いです!
それこそ老若男女問わずといった感じです。

今年は雨が降ったら人が少なくなってしまうな、と少し残念に思っていたのですが合羽を着て応援してくださる方、屋根の下で応援してくださる方、寒かったのだと思うのですが笑顔でエールを送ってくれました。

また、6000人を超えるボランティアの方々のサポートも嬉しかったです。
特に学生さんも多く参加されているのが特徴です。
自分が学生の頃に、「休日にマラソンのボランティアをやれ」と言われても絶対にやらないのでそう思うと余計に嬉しくなります。

こういった人の温かさが身に沁みる大会でもありますし、だからこそ来年も走りたいと思わせてくれるのでしょうし、ゴールしたときの喜びも大きいのかなと思います。
ちなみに完走タオルはこれです。

来年もエントリーします!!

参加するとなると宿泊先の確保が大事になりますが、個人的に一押しは金沢中央のアパホテルです。

ここ ↓

今回宿泊させていただいたのですが、一番のポイントは会場に近いです。
会場は駅から遠い上にシャトルバスの切符もすぐに売り切れてしまうので、駅近くのホテルだとどうしても時間がかかります。

こちらだと10分も歩けば会場入りできますので、今回のような雨の日は特に良いですね。
しかも朝食のバイキングも金沢マラソン仕様で朝4時30分~という。
大浴場もあります。

更に、金沢マラソンのホテルは駅に近いところは直ぐに埋まるイメージがあるのでここは以外に穴場の気もします。
難点は金沢マラソンはホテル予約の際に旅行会社が間に入ってしまうので宿泊料金が割高になるところですね。
といってもそれはどこのホテルも同じなのですが。

来年以降に参加される方は抽選発表の翌日位から予約がスタートするので、マラソンに当選したら予約方法を直ぐに大会ホームページで確認して、予約スタートしたら即予約することをおすすめします。

古河はなももマラソン2017に参加しました!

3月12日に古河はなももマラソン2017に参加しました!

都内からも上野東京ライン1本で行けるとあって(東京駅から古河駅まで62分、新宿駅から57分)、毎年参加者が増えている大会です。

 

前日は小山駅で宿泊。

当日は古河駅と隣の野木駅からシャトルバスが出ており、野木駅で下車し、シャトルバスへ

7時40分ごろに待ち時間なしでスムーズに乗れました。

お隣の古河駅は大混雑だったようです。

そういう意味では運が良かったです。

 

8時に会場に到着。

9時に荷物を預けて余裕でスタートの準備が出来ましたが、

私が荷物を預けた少しあとから荷物置き場は大混雑だったようです。

ここでも正直ラッキーでした。

 

この日のアイテムはこちら

実はサングラスするのは初めてでした(笑)

3月になると花粉の影響で目がかゆくなるので、花粉対策として着用。

かなり軽量だったので気に入って購入しました!

こちらのタイプのものです。

 

また、筋肉疲労対策としてレース前とレース中にアミノ酸を摂ろうと、

アミノ酸、BCAAが含まれている補給食と、後はエネルギー源となる糖質が切れないようにブドウ糖の飴と

補給食を持参し、レースに参加しました。

 

レース自体は緩やかなアップダウンこそありましたが、全体的にはかなりフラットで

走りやすい印象でした。

私もPBを2分ほど更新することが出来たので満足でした(^-^)

 

ただし、まだ5回目なので、改善すべき点もあるでしょう。

 

1、選手の輸送

古河駅からお越しの方々がかなり長時間バス待ちしていたようです。

年々参加者が増えている大会なので、湘南国際マラソンのようにバスの空いている時間帯、

混んでいる時間帯を案内で出したり、タクシーの相乗りを推奨するなど工夫が必要になるでしょう。

 

2、荷物置き場

荷物は運営の用意した袋に入れなければならないのですが、

こちらは事前に送付していただけるとありがたかったです。

かなり無理やり詰め込んだので、事前に大きさが分かればそれに応じた荷物量にしたので、

袋は事前送付が有りがたいですね。

また、置き場がグラウンドだったので、外でした。

雨の時の対策は必要になるのでは?

と、感じます。

 

3、給水

エイドにはチョコやパンなどがありますし、私設で給水所を作ってくださる方もいたので大変ありがたかったの

ですが、

コップの数が不足していたり、ペットボトルから直接コップに入れていて、ランナーが来た時にはテーブルに

何もないということがあったので、こちらもスピードを上げる工夫があると嬉しいですね。

 

4、スタート

こちらは運営よりもランナーのモラルの問題なのでしょうが、

おそらく申告タイムを偽って前に並ぶ方が多いと感じています。

私は申告タイムを3時間45分か50分で申し込みましたが、ゼッケンが6800番台でした。

ちなみに参加人数は12000~13000人ほどです。

「サブ4の申告でも半分よりも後ろの番号になるってレベル高いのか?」

と、一瞬思ってしまいましたが、グロスタイム3時間47分台で3100番台でした。

これが、男子だけの順位か、男女含めた順位かは分かりませんが

私のいたLブロックの前には6600人ほどのランナーがいたので、申告タイムを盛っていた

方もかなり多かったのでは?

と疑いが持たれます。

目標という意味で多少盛るのはありだと思いますが、実現できる確率が低すぎるタイムは考え物です。

正直に申告タイムを書いている人が馬鹿らしく思えることはしていただきたくないものです。

 

5、ゴミ箱

給水所には無論ありましたが、会場にはありませんでした。

どうやら各自持ち帰りだったようですが、どこにも案内が見受けられませんでした。

仕方なく私はカバンに入れて持ち帰りましたが

古河駅の自販機のゴミ箱の周囲に大量のゴミが捨ててあったようです。

このように特定の箇所にゴミが集中すると、クレームにつながって次回以降の開催に影響が出る恐れが

有ります。

しかも今回は自販機のゴミ箱の周囲らしいので、缶・ビン・ペットボトル専用のゴミ箱周辺ということなので、

ポイ捨てと変わりません。

ランナーはマナーが悪いといわれないようにゴミ箱の設置か、事前にゴミは持ち帰る伝達が欲しいところです。

 

それでも、地元の方々がたくさん応援してくれ、コースが走りやすい素晴らしい大会なので、

来年以降も続いてほしい大会であります。

 

フルマラソンの持ち物を揃えました

今日でフルマラソン4日前です。

直前でバタバタするのも嫌なので、フルマラソンの持ち物を揃えておきました!

kimg2051

一番上、
雨合羽です。

 

当日は雨が降るのか?
そうではありません。

大会前の防寒具です。

 

私が参加する湘南国際マラソンは、整列していなければいけない時間が長いです。
しかも、12月ということもあり、かなり冷えます。

そのための使い捨て用です。
使い捨てなので、100均で購入。
そして、長袖タイプです。

 

 

そして、次はサプリメントです。

一番左はレース前のエネルギーチャージに飲みます。
他はレース中の補給に飲みます。

4時間近い時間走りますので、かなりエネルギーを消費します。
なので、補給食は必須です。

 

 

 

 

ヴァーム以外はポケットに入れて走るので、完全に軽さで選んでいます。
後は疲れたときのために、一口サイズのチョコレートがあれば完璧です!

 

疲れていると、気持ちが盛り下がってくるので、それを解消するためのアイテムです。
去年のフルマラソンで、コース中に配られていたチョコレートを食べたら元気になれたので思いついたのですが、まだ用意していないので、本番までにはきっちり準備しておきたいところです!!

フルマラソン1週間前なので、調整モードに。

ついに来週の日曜日が湘南国際マラソンです。

11月の今日までの走行距離が170キロ程度ですが、多いか少ないかは目標タイムによるでしょう。
一応私は月間走行距離150キロ前後ならサブ4は問題なく行けます。

 

さて、この1週間のトレーニングですが、長くても10キロ程度のジョギング中心の調整モードにする予定です。
去年はギリギリまで、短い距離をペースを上げて走る心肺向上トレーニングをしていましたが、今年は踵やくるぶしに違和感があるため、無理はしません。

私は競技ランナーではありませんので、完走第一です(笑)
最低限サブ4はクリアしますが、タイムは基本的には二の次です。

 

あと、湘南国際マラソンは朝7時くらいでも最寄り駅は大混雑ですので、早めに行く予定です。
早めとは、おそらく駅に5時代に着きます(笑)

去年は3時に起きて5時代の始発に乗りましたので、今年もそうする予定です。
その時間だと、さすがにスムーズにバスに乗れます。

ちなみに、去年の写真です。

2015-12-06-05-55-04

会場で撮った一枚。
お月様がうっすら見えてます。

今年もお月様の写真撮ってきます!!

 

参加される皆様もケガには気を付けて残りの1週間、トレーニングやカーボローディングなどの食事面での調整を頑張りましょうね!

 

フルマラソンの持ち物をそろえました!

いよいよ日曜日には金沢マラソンです。
この日に備えて必要な持ち物を準備しました!

 

まずは、当たり前ですが、シューズにウェア、時計、帽子。
ポイントとしてはウェアは一応長袖のアンダーシャツも用意しておきます。
当日寒い可能性もありますので。

そして、帽子は雨の可能性に備えて一応用意。
私は雨の時以外は被らない派ですが、用意だけは必要です。

今回は地方遠征なので時計は充電器も一緒に持っていきます。

 

そして、フルマラソンの時に準備しなくてはならない持ち物はこれです。

kimg1711

補給食です。

私のお気に入りはこちらのもの。
理由としては軽量であることですね。

私はポケットに入れて走るので、煩わしさを感じたくない、という気持ちが強くポケットに入れて走りやすいものを準備します。

こちらは45グラムと軽量ですので3つポケットに入れて当日走ります。

あとはこちらも重要

kimg1713

ポンチョです。
帽子と同じく雨対策!

実はポンチョには他にもレース前の防寒対策の意味もあります。
参加者の多いマラソンはレース前の待ち時間が非常に長く、待っている間に身体を冷やすことがあります。

その時の対策として、安く、使い捨てられるポンチョを着ることがあります。
ビニール製なのでゴミ箱に捨てても迷惑は掛かりませんし。

他にもゴミ袋に頭と腕を出す穴をあけて着る方法もありますので、特に冬場は防寒対策を忘れないことが大事になります。