伝え方が9割を読んだ感想

佐々木圭一さんの著書、伝え方が9割を読んでみました。

感想としては「なるほど、こういう方法もあるか」と納得できるものがあると同時に。「どこかで実践して検証してみたい」という気持ちを持ちました。

こういうのは本当にそれで伝わるか、そして、実際にやってみないとモノにならないと思っているので実践してみたいという気持ちになります。

 

内容としては、伝え方にも何種類かあり、それの使い方を実際の例、例文などを要約されています。

 

恋愛面でも使えるものがあったりします。
恋愛面の項目でいえば、なかなか納得でした。

が、全く自分に興味を寄せてくれていない異性、特に女性にに関してはこの方法でも警戒されてしまう気もしますので、恋愛面で活用したい方はまずはある程度仲良くなる努力が必要だと感じました。

 

他にも家事を全く手伝ってくれない旦那に手伝わせる方法などもありました。

これは家事以外にも他の方面でも使えるなと感じました。

 

読んだ後にドラマを見ると、「あ、このセリフ〇〇法だ!」などという発見も出来てなかなか勉強になる一冊だと思います。

プレゼンなどで聞き手にインパクトを与えられない方や、旦那が家事をしてくれない人、恋愛で、デートに持っていけない方、デートに誘えるけど、2回目以降の誘いに乗ってもらえない方は1度手に取ってみると新たな発見があるかもしれません。