アニメ版の映画「君の膵臓をたべたい」を見てきました

アニメ版の映画「君の膵臓をたべたい」。

いわゆる「キミスイ」ってやつです。

ちょっと時間が出来たので見てきました。

ちなみに実写版も見てます。

実写版君の膵臓をたべたい

 

実写版はご存知大ヒットでしたのでアニメ版も混むだろうな、と思いきや結構ガラガラでした(笑)

客層は学生さんかな?って感じの若い人中心ですね。

見終わった後にちょっとした場違い感が(^^;

 

実写版との違いというと、実写版は過去の学生時代の桜良との思い出を振り返るスタイルの作品でしたが、アニメ版は学生時代が現代となっているという感じです。

おそらく先月の地上波の実写版を見た方からすると、次のセリフや展開がある程度予測できます。

実写版・アニメ版の良さを挙げるとこんな感じです(もちろん個人の感想ですのであくまでも一つの意見として聞いてください)

実写版

切ないBGM・大人になった僕(春樹)を演じる小栗旬さんの内に哀しみを秘めたような演技に引き付けられました

アニメ版

実写版よりも僕(春樹)が桜良との出会い・別れを通じて成長できている感じが見て取れたのでそこは高評価でした

と言った感じです。

個人的に実写の方が好きですね。

多分、私も僕(春樹)のように友達を作るのが得意でないので、小栗旬さんの演技に惹きつけられるところが有ったのかな?という風に感じています。

また、あのBGMが切ないので、2回目以降はあれを聞くだけでちょっとジーンと来てしまいますし、軽いネタバレですいませんが、最後の方の桜良役の浜辺美波さんの語りで、僕(春樹)に対して「うん、生きて」と優しく語り掛けるシーンがすごく泣けるんですよね。

動画で何度もここは巻き戻してしまった(笑)

と言った感じで私は実写の方が好きです。

観に行こうか迷っている方は漫画版を立ち読みしてから決めてみるのも良いかも。

こちら ⇊

キミスイ漫画版

アニメ版よりもシンプルな絵柄になってます。

上と下の2本立てですが、上と下でお互いの距離感が縮まっている感じがあるので見ていると好感が持てます。

今月はあとは「コーヒーが冷めないうちに」を見に行きたいな。

アニメ版の映画「君の膵臓をたべたい」を見てきました」への2件のフィードバック

  1. マラソンカテからきました。はじめまして。

    自分にとって実写の「キミスイ」は特別な映画でたぶんいままででいちばんリピートした映画じゃないかと思います。
    アニメの「キミスイ」もがんばってましたが実写には及ばなかったと思います。人物の心理が中心になるストーリーなのでアニメーション表現では限界があったかもしれません。

    金沢マラソン走られたのですね?自分も去年あの場にいました。三時間半くらいでゴールしたのでどこかですれ違っていたかもですね。
    浜辺美波目当てに出場したわけじゃないのですが申し込んでから浜辺美波がゲストと知ってびっくりしました。
    今年は出場しませんが浜辺も継続してゲストだそうですね。うらやましい。

    でわ。

    • ワタナベさん

      コメントありがとうございます。
      実写版をリピートしたくなる気持ち、わかります!
      やはり実写は出演者の演技力も大きかったのかな?とアニメを見ていると感じさせられます。

      実写版は動画で見たので浜辺美波ちゃんは実は昨年の金沢マラソンで
      「なんかキレイな娘がいるな」
      という感じで見ていて、大会後にキミスイの娘であることを知りました。
      今後は今でいう広瀬すずさんや土屋太鳳さんのように映画の主役を何作も演じるのかな?と思っています。

      実は私も今年は金沢マラソンには出ません。
      抽選に外れてしまったもので(笑)
      まさか今年も浜辺美波ちゃんがゲストで来るとは思わなかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です